静岡県初の脳梗塞リハビリBOT静岡は、最善のリハビリ施術を提供し、目標を叶えるパートナーです。

脳梗塞リハビリBOT静岡

採用情報はこちら

お問い合わせフリーダイヤル
あなたの症状、お聞かせください
フリーダイヤル0120-866-816 受付時間10:00~16:00(月~土)

脳梗塞リハビリBOT静岡 > お知らせ > その他 > 手と足の関係性 足が良くなると手も良くなる!?

お知らせ

脳梗塞リハビリBOT静岡のお知らせを随時更新していきます。

2018.08.28 その他 コラム

手と足の関係性 足が良くなると手も良くなる!?

先日8月23日~25日に無料体験会を実施しました。多くの利用者様が来院されました。ありがとうございます。「手が少しでも動くようになりたい。」「歩きやすくなりたい。」そんな皆様の思いに答えるべく、我々も日々努力しております。

「手が少しでも動くようになりたい。」
これは多くの方が希望されることですが、手だけを治療していても中々手は動き出さないことが多いです。手が動かない理由は手だけに存在しているわけではないと考えられます。

ヒトには重力下で身体を伸ばそうとするためのシステムがいくつか存在しています。
その中で特に大きな働きをしているのが、「橋網様体脊髄システム」と「前庭脊髄システム」です。
「橋網様体脊髄システム」は主に体幹を、「前庭脊髄システム」は主に足の伸展活動に関わっており、お互いに協調し合っています。そしてこの2つのシステムは主に同側神経支配です。つまり左半身、右半身と分かれて制御しています。右足が効率良く身体を支えることができると、右手が動かしやすくなることにつながるのです。

今回の無料体験会でも、麻痺側の足が良くなってくると、麻痺した手も動きやすくなるといった経験をしました。手の治療も行いやすくなります。手の治療が上手くいくときは、足の状況が良い時が多いと感じます。無料体験会は毎月実施しておりますので、ぜひ一度お試しください。

文責 理学療法士 中市一雄

ページの先頭へ