静岡県初の脳梗塞リハビリBOT静岡は、最善のリハビリ施術を提供し、目標を叶えるパートナーです。

脳梗塞リハビリBOT静岡

お問い合わせフリーダイヤル
あなたの症状、お聞かせください
フリーダイヤル0120-866-816 受付時間10:00~16:00(月~土)

脳梗塞リハビリBOT静岡 > お知らせ > コラム > 脳梗塞後遺症 片麻痺と肩の痛みの原因とリハビリによる緩和について

お知らせ

脳梗塞リハビリBOT静岡のお知らせを随時更新していきます。

2019.10.10 コラム

脳梗塞後遺症 片麻痺と肩の痛みの原因とリハビリによる緩和について

脳梗塞後遺症による片麻痺を発症し、肩の痛みを長く患っている方は多いと思います。今回は片麻痺と肩の痛みの原因について、最近のリハビリ経験も踏まえながらお伝えしようと思います。片麻痺を発症された方は、多くの場合、姿勢をコントロールすることが難しくなるとお伝えしてきました。具体的には、手足の動きに合わせて姿勢を準備したり、調整し続けることが難しくなります。では、手を挙げる際にはどのような準備・調整が必要でしょうか?

脳梗塞の後遺症による肩の痛みの原因について

手を動かす際には、肩の関節だけではなく、肩甲骨や鎖骨・胸骨・肋骨などの多くの関節が関連して動きます。姿勢に問題を抱えていると、これらが上手く働くことができません。特に、肩甲骨を背骨に寄せるような力が働きにくいと、肩の関節面が下を向きやすく、亜脱臼につながりやすいです。肩を動かす際に、肩甲骨はいったん背骨に寄るような調整をしています。この調整がされないまま動かすと、肩の関節が上手く動けないため、痛みにつながりやすい原因と考えられます。多くの片麻痺の方がこの問題を原因として抱えているように感じます。

脳梗塞の後遺症による肩の痛みの緩和について

また、当施設には片麻痺になられてから1年以上経過した方が多いです。歩くと手の緊張が勝手に高まってしまう方(これを連合反応といいます。)も多くみられます。このような状況が長く続くと、肩周囲の筋肉のバランスが崩れ、関節面がずれた状態になってしまいます。このような状況も肩の痛みの原因と考えられます。手の麻痺や感覚障害が重い方は、指先から運動を開始することが難しく、肩から運動をスタートする方が多いです。上記のような状況が生じていると、ますます肩の痛みを助長してしまいます。当施設のリハビリでは、肩の痛みに関連する姿勢の問題、肩周囲筋の問題を分析しながら原因を探っていきます。手の動きや感覚を取り戻しながら指先から運動をスタートすること、適切なタイミングで準備される姿勢をつくることが、正しい肩の動きを取り戻し、肩の痛みの緩和に繋げていく流れが重要だと考えています。

脳梗塞の後遺症による肩の痛みの改善事例(動画あり)

片麻痺と肩の痛みの原因とリハビリによる緩和

【治療前のお客様の状態】
・左片麻痺に伴う肩の痛みが強く、左手を上げることが難しかった。
・服(上衣)の着脱、洗体動作といった手を上げて使用する生活動作がうまく行えていなかった。
・左手で握る力も弱弱しい状態であった。

【改善内容】
・左肩の痛みが軽減された。
・服(上衣)の着脱、洗体動作が左手も使用して可能となる。

動画を交えた詳しい事例内容についてはこちらをご覧ください。
【動画あり】60代男性/脳梗塞/左片麻痺/リハビリによる改善事例のご紹介

脳梗塞の後遺症による肩の痛みの改善をご希望の方へ

脳梗塞リハビリBOT静岡では脳梗塞の後遺症による肩の痛みの原因解明と改善のためのさまざまなメニューを用意しております。90分体験プログラムでその効果を感じて頂くのが最もおすすめの方法ですが、まずは一度相談を、という方には「専門家への電話相談」というサービスをご用意しております。以下フォームから必要事項をご入力頂くと、脳梗塞リハビリBOT専属の理学療法士から折り返しご電話をさせていただいております。ぜひお気軽にご利用下さい。

脳梗塞リハビリBOT静岡専属理学療法士への電話相談はこちら

脳梗塞リハビリBOT静岡 専属理学療法士(PT)のご紹介

理学療法士 中市一雄

理学療法士 中市一雄

経歴:2009年に鈴鹿医療科学大学 理学療法学科を卒業し、理学療法士国家資格を取得。同年~2016年まで城北病院(石川県)に勤務し、脳血管障害に対する様々な治療を実践。2016年10月より特定非営利活動法人 上賀茂神経リハビリテーション教育センター(KNERC)にてボバース・アプローチ国際認定インストラクターである小野剛先生の元、約1年半の長期にわたって研修。2018年に脳梗塞リハビリBOT静岡に勤務。

学生の頃から脳血管障害の後遺症である運動麻痺を改善させたいという思いで、様々な技術や知見を学び、そしてボバース・アプローチに出会いました。「運動麻痺ってこんなに良くなるんだ。」「この技術をもっと深く学びたい。」と感じていた時期に小野先生に出会い、1年半という長期にわたって、ボバース・アプローチの魅力や有効性を実感し、知識・技術だけではなくセラピストとしての姿勢を教えていただきました。そして私自身も、退院後も十分なリハビリを受けることができず、運動麻痺の後遺症に悩んでおられる方の力になり、「運動麻痺が改善する。」、「できなかったことが、またできるようになる。」という喜びを一緒に共有したいと考えています。

 


無料体験会開催中!詳しくはこちら

【このコラムをご覧になった方へのおすすめ】

意外と多い!? 片麻痺後の腰痛

脳卒中と姿勢 片麻痺の改善に必要なこと

 

ページの先頭へ