静岡県初の脳梗塞リハビリBOT静岡は、最善のリハビリ施術を提供し、目標を叶えるパートナーです。

脳梗塞リハビリBOT静岡

お問い合わせフリーダイヤル
あなたの症状、お聞かせください
フリーダイヤル0120-866-816 受付時間10:00~16:00(月~土)

脳梗塞リハビリBOT静岡 > お知らせ > その他 > 片麻痺と装具~装具なしで歩くためのリハビリ~

お知らせ

脳梗塞リハビリBOT静岡のお知らせを随時更新していきます。

2019.11.21 その他 コラム

片麻痺と装具~装具なしで歩くためのリハビリ~

片麻痺によって歩きにくくなると、入院中に装具を作成し、場合によっては杖も使用し、とにかく一生懸命歩く練習をしてきた方はたくさんいらっしゃると思います。しかし、何カ月に及ぶリハビリを行っても装具を卒業することが中々難しい方もいます。そして、入院時のリハビリで卒業できなかった場合、退院後に装具を卒業することはさらに難しくなり、同じ装具を何年間も使い続けている方も多いと感じます。

装具は身体を上手くコントロールできない方にとって必需品です。しかし装具を卒業するためには、装具を使ってとにかく歩くだけではなく、装具のメリットとデメリットを知った上でリハビリを行う必要があります。では装具のメリットとデメリットとは何でしょうか?

装具のメリット・デメリット

■メリット

・より動的でバランスのとれた歩行をもたらします。
・股関節、膝股関節の筋肉の機能的活性化が促進されます。
・尖足(つま先が不自然に変形すること)や拘縮(かたまること)の予防となります。

■デメリット

・長期装着により、装具で固定される箇所の筋肉の活性低下や萎縮、装具への依存などが懸念されます。
・足部内在筋(足の中に存在している筋肉)の働きを抑制しています。

足部内在筋の働き

足部はダイナミックな活動に重要な役割を果たし、多くの結合や自由度を持つ複雑な構造となっております。複雑な人間の足の構造は、多くの幅広い機能を可能にします。例えば歩くという場面において、足部は踵の接地や後方への蹴りだしにおいて安定してなければなりません。足部はバネのような特徴を持っており、踵の接地時に弾力的なエネルギーを貯めたり放出したりしています。これは、アーチの変形によって可能となり、内在筋などによってコントロールされています。足部にある内在筋は、常にその形を柔軟に変化させています。また足の骨・靭帯などの構造は体重による負荷を軽減させるために、その構造をダイナミックに変化させる働きがあります。これらは、「立つ」「歩く」ために必要な情報を生み出し続け、姿勢保持を可能にします。歩く際に必要な推進力も生みだします。
上記のような足部の内在筋、骨・靭帯などの構造のダイナミックな変化は、装具をつけたまま歩くだけでは、起きにくいと考えられます。歩く場面で、足部の内在筋や骨・靭帯などの構造がダイナミックに変化することで、地面からの感覚情報を受け取りやすくなるため、リハビリでは直接足に関わる必要があります。裸足もしくは薄い靴下のほうがバランスを制御するためのリハビリに適しています。

Foot Coreの概念

Foot Coreとは腰椎骨盤コアスタビリティー(体幹の安定性)の概念を足部に適応させたものです。
Foot Coreには他動的下位組織、自動的下位組織、神経系下位組織があります。

【他動的下位組織】
足部の様々なアーチを維持する骨、靭帯や関節包(関節を囲んでいる袋状の被膜)から成ります。
【自動的下位組織】
足部に付着する筋や腱から構成されています。
【神経系下位組織】
他動的下位組織と自動的下位組織に関連した足底筋膜、靭帯、関節包、筋や腱における感覚レセプター(受容体)から構成されています。

脳出血による左片麻痺の改善事例 装具なしで自宅内を歩行可能になる(動画あり)

【治療前のお客様の状態】
・脳出血を発症したことにより、左片麻痺、強い感覚障害がある
・左手足のこわばりが強く、左足部にボツリヌス療法(ボトックス注射)を数回行った
・装具と杖を使用することで歩くことは可能だが、不安感や恐怖心を常に感じていた。

【改善内容】
・装具なしで自宅内を歩くことが可能となる
・歩く際の不安定感や恐怖心が軽減した
・右の踵が浮かなくなった。

動画を交えた詳しい事例内容についてはこちらをご覧ください。

片麻痺と装具
【動画あり】脳出血 左片麻痺の改善 装具なしで自宅内を歩行可能となった事例のご紹介

装具を外した生活を少しでも取り戻したい方へ

脳梗塞リハビリBOT静岡では脳梗塞の後遺症による片麻痺の改善のためのさまざまなメニューを用意しております。まずは一度相談したいという方には「専門家への電話相談」というサービスをご用意しております。以下フォームから必要事項をご入力頂くと、脳梗塞リハビリBOT専属の理学療法士から折り返しご電話をさせていただいております。ぜひお気軽にご利用下さい。また何年も同じ装具を使い続けていて自分に合っているのか不安な方も、是非一度ご相談頂けると幸いです。
脳梗塞リハビリBOT静岡専属理学療法士への電話相談はこちら

理学療法士 中市一雄

理学療法士 中市一雄

経歴:2009年に鈴鹿医療科学大学 理学療法学科を卒業し、理学療法士国家資格を取得。同年~2016年まで城北病院(石川県)に勤務し、脳血管障害に対する様々な治療を実践。2016年10月より特定非営利活動法人 上賀茂神経リハビリテーション教育センター(KNERC)にてボバース・アプローチ国際認定インストラクターである小野剛先生の元、約1年半の長期にわたって研修。2018年に脳梗塞リハビリBOT静岡に勤務。学生の頃から脳血管障害の後遺症である運動麻痺を改善させたいという思いで、様々な技術や知見を学び、そしてボバース・アプローチに出会いました。「運動麻痺ってこんなに良くなるんだ。」「この技術をもっと深く学びたい。」と感じていた時期に小野先生に出会い、1年半という長期にわたって、ボバース・アプローチの魅力や有効性を実感し、知識・技術だけではなくセラピストとしての姿勢を教えていただきました。そして私自身も、退院後も十分なリハビリを受けることができず、運動麻痺の後遺症に悩んでおられる方の力になり、「運動麻痺が改善する。」、「できなかったことが、またできるようになる。」という喜びを一緒に共有したいと考えています。

ページの先頭へ