静岡県初の脳梗塞リハビリBOT静岡は、最善のリハビリ施術を提供し、目標を叶えるパートナーです。

脳梗塞リハビリBOT静岡

採用情報はこちら

お問い合わせフリーダイヤル
あなたの症状、お聞かせください
フリーダイヤル0120-866-816 受付時間10:00~16:00(月~土)

脳梗塞リハビリBOT静岡 > お知らせ > コラム > 脳のリハビリ 運動学習理論について 前編

お知らせ

脳梗塞リハビリBOT静岡のお知らせを随時更新していきます。

2019.04.24 コラム

脳のリハビリ 運動学習理論について 前編

こんにちは。脳梗塞リハビリ静岡BOTの金原です。第二回目の今回は、現在までに提唱されている運動学習理論の中で、「スキーマ理論」についてお話ししたいと思います。

我々の脳は、容量に限界があるので、すべての環境下ですべての運動を一つ一つ記憶して学習することは不可能です。例えば、「投げる」動作を例に挙げると、野球のボールを投げるのも、ソフトボールを投げるのも、ドッジボールを投げるのも、細かい部分は違えど、「投げる」という動作には共通した特徴があります。これを、「一般化された運動プログラム;GMP」と呼びます。

我々は、このGMPを脳に記憶することで、脳の負担を軽減させていると考えられています。そして、もう一つ重要な言葉で、「スキーマ」と呼ばれるものがあります。スキーマとは、ある運動を行ったことによって生じた結果と、その運動を行う際に使用した運動のパラメータの関係です。例えば、ソフトボールを一回投げて20m跳んだとします。次に投げると、10m跳んだとします。そうすると、1回目と2回目の力の入れ具合から、「15m投げるにはこれくらいの力で投げればよい」というのが投げていなくても何となくわかってきます。このように、我々は多様な経験を積む中で、その時の力の入れ具合を学習し、様々な環境下に適応していけるのだと考えます。

これはリハビリにおいて非常に重要なことで、リハビリでも同じことの繰り返しではなく、環境や目標などを微妙に変えていくことで、多様な環境に適応できる身体作りを目指します。これを“繰り返しで無い繰り返し”と呼んだりもします。

文責 理学療法士 金原賢児

ページの先頭へ