静岡県初の脳梗塞リハビリBOT静岡は、最善のリハビリ施術を提供し、目標を叶えるパートナーです。

脳梗塞リハビリBOT静岡

採用情報はこちら

お問い合わせフリーダイヤル
あなたの症状、お聞かせください
フリーダイヤル0120-866-816 受付時間10:00~16:00(月~土)

脳梗塞リハビリBOT静岡 > お知らせ > コラム > 脳のリハビリ 運動を学習するとはどういうことか?

お知らせ

脳梗塞リハビリBOT静岡のお知らせを随時更新していきます。

2019.04.23 コラム

脳のリハビリ 運動を学習するとはどういうことか?

こんにちは。脳梗塞リハビリBOT静岡、理学療法士の金原です。私の方では、「運動学習」をテーマに、コラムを載せていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

我々理学療法士の世界では 脳のリハビリ=運動の(再)学習である とよく言われます。第1回のテーマとして、「運動を学習する」ということはどういうことなのか?ということを、まずは考えてみたいと思います。

運動とは、生物学の分野では生物体の能動的な動き、個体内の部分的な運動、個体全体の空間的移動、などと定義されています。学習は、経験を通じて行動に持続的な変化が生じる、ないし行動パターンが変化する現象と定義されています。つまり運動学習とは、経験を通じて生物体(人間)の能動的な動きに持続的な変化が生じること、と言えます。

能動的な動きを経験することが運動学習には必要である、と言えますね。よく行われている、リハビリと称し、ベッドに寝させてひたすらマッサージだけを行うようなことだけでは、運動学習はできません。

我々脳梗塞リハビリBOT静岡では、ひとりひとりのニードや目標に合わせ、それを達成するために必要な手足の運動や姿勢の改善点を分析し、オーダーメイドでリハビリを行っています。それにより、お客様がモチベーションを高く持ち、能動的に運動学習できることをサポ―トしております。

文責 理学療法士 金原賢児

ページの先頭へ