静岡県初の脳梗塞リハビリBOT静岡は、最善のリハビリ施術を提供し、目標を叶えるパートナーです。

脳梗塞リハビリBOT静岡

お問い合わせフリーダイヤル
あなたの症状、お聞かせください
フリーダイヤル0120-866-816 受付時間10:00~16:00(月~土)

脳梗塞リハビリBOT静岡 > お知らせ > コラム > 脳梗塞後遺症にともなう「手足のつっぱり(痙縮)」

お知らせ

脳梗塞リハビリBOT静岡のお知らせを随時更新していきます。

2019.09.04 コラム

脳梗塞後遺症にともなう「手足のつっぱり(痙縮)」

脳梗塞を発症した後に、後遺症として「手足のつっぱり」を訴える方は少なくありません。「手足がつっぱる」のほかにも、「手足がこわばる」、「手足が固くなる」「手足がうまく動かせない」といった表現をされる場合もあります。なぜ脳梗塞を発症すると手足がつっぱる等の後遺症が発生するのでしょうか?

手のつっぱり(痙縮)

「手足のつっぱり」とは?

「手足のつっぱり」を痙縮(けいしゅく)といいます。痙縮とは筋肉が緊張しすぎて、手足が動きにくくなったり、勝手に動いてしまう状態をいいます。手指が握ったまま開きにくい、肘が曲がる、足先が足裏に曲がってしまうなどの症状がみられます。痙縮が長く続くと、筋肉の過度な緊張によって、関節が固まり、日常生活に支障が生じます。

 

脳梗塞の後遺症による手足のつっぱり(痙縮)のメカニズム

私たちの筋肉はさまざまな脳から脊髄に至るさまざまな経路を通して調整されています。脳梗塞になると脳から筋肉を制御することが難しくなります。すると、脊髄レベルでの制御が過剰となってきます。さらに、片麻痺となった筋肉は自分の意思で制御することが難しいため、手足のつっぱり(痙縮)の状況を助長しやすいことが多いです。

腱反射

脳梗塞の後遺症による手足のつっぱり(痙縮)の評価

手足のつっぱり(痙縮)の評価には腱反射を用いることが一般的です。腱反射とは、筋が緩んだ状態で、腱を叩くと、筋が収縮する反射(伸張反射)をいいます。 ヒトにみられる生理的な反射の1つです。手足のつっぱり(痙縮)では伸張反射が過剰に高まっており、通常よりも強い筋肉の収縮する反応がみられます。この伸張反射がさらに制御しにくくなると、クローヌスとよばれる症状がみられることもあります。クローヌスとは、先ほどの伸張反射が常に出続けている状態です。いすに座っている方の足が、急に痙攣したように動き出すような様子が時折みかけます。

 

脳梗塞の後遺症による手足のつっぱり(痙縮)の治療方法について

手足のつっぱり(痙縮)が進んで、筋肉が萎縮し固まってしまうと、一般的にはボトックス療法(ボツリヌス治療)といった方法で、痙縮を抑えることが多いです。しかし、筋肉を調整する能力を取り戻せないと、生活の中でまた痙縮が現れてしまいます。痙縮をうまく制御するためには、リハビリテーションを併用していく必要があります。

 

ボトックス療法(ボツリヌス治療)後に起こった手足のつっぱり(痙縮)の改善事例

脳梗塞リハビリBOT静岡において60日リハビリプログラムを実施されたお客様で、ボツリヌス療法(ボトックス注射)後に固くなった左手が、脳梗塞リハビリBOTでのマンツーマンリハビリにより、上がりやすくなった事例を動画を交えて紹介させて頂いております。ぜひ一度ご覧ください。

ボツリヌス療法後のリハビリによる改善例

【動画あり】50代男性/ 脳出血/左片麻痺 リハビリによる改善事例のご紹介

脳梗塞の後遺症による手足のつっぱり(痙縮)の改善をご希望の方へ

脳梗塞リハビリBOT静岡では脳梗塞の後遺症による手足のつっぱり(痙縮)の改善のためのさまざまなメニューを用意しております。90分体験プログラムでその効果を感じて頂くのが最もおすすめの方法ですが、まずは一度相談を、という方には「専門家への電話相談」というサービスをご用意しております。以下フォームから必要事項をご入力頂くと、脳梗塞リハビリBOT専属の理学療法士から折り返しご電話をさせていただいております。ぜひお気軽にご利用下さい。

脳梗塞リハビリBOT静岡専属理学療法士への電話相談はこちら

理学療法士 中市一雄

理学療法士 中市一雄

経歴:2009年に鈴鹿医療科学大学 理学療法学科を卒業し、理学療法士国家資格を取得。同年~2016年まで城北病院(石川県)に勤務し、脳血管障害に対する様々な治療を実践。2016年10月より特定非営利活動法人 上賀茂神経リハビリテーション教育センター(KNERC)にてボバース・アプローチ国際認定インストラクターである小野剛先生の元、約1年半の長期にわたって研修。2018年に脳梗塞リハビリBOT静岡に勤務。

学生の頃から脳血管障害の後遺症である運動麻痺を改善させたいという思いで、様々な技術や知見を学び、そしてボバース・アプローチに出会いました。「運動麻痺ってこんなに良くなるんだ。」「この技術をもっと深く学びたい。」と感じていた時期に小野先生に出会い、1年半という長期にわたって、ボバース・アプローチの魅力や有効性を実感し、知識・技術だけではなくセラピストとしての姿勢を教えていただきました。そして私自身も、退院後も十分なリハビリを受けることができず、運動麻痺の後遺症に悩んでおられる方の力になり、「運動麻痺が改善する。」、「できなかったことが、またできるようになる。」という喜びを一緒に共有したいと考えています。

 

 

 

ページの先頭へ