静岡県初の脳梗塞リハビリBOT静岡は、最善のリハビリ施術を提供し、目標を叶えるパートナーです。

脳梗塞リハビリBOT静岡

採用情報はこちら

お問い合わせフリーダイヤル
あなたの症状、お聞かせください
フリーダイヤル0120-866-816 受付時間10:00~16:00(月~土)

脳梗塞リハビリBOT静岡 > お客様インタビュー > 80代女性 脳梗塞 右片麻痺 右肩の痛みが軽減し家事(料理・洗濯)がしやすくなった

お客様インタビュー

脳梗塞リハビリBOT静岡をご利用いただいているお客様にインタビューを行いました。
発症の経緯や現在のリハビリの状況について、お客様の生の声を掲載しています。

80代女性 脳梗塞 右片麻痺 右肩の痛みが軽減し家事(料理・洗濯)がしやすくなった

80代女性 脳梗塞 右片麻痺・右肩の痛み・右手に力が入らない・歩行時に右足先が引っかかる

職業 主婦
具体的な症状 右片麻痺。右肩の痛み・右手に力が入らない・歩行時に右足先が引っかかる。
お客様の希望
  • 右肩の痛みを減らしたい。
  • 右手で箸を持って食事ができるようになりたい。
  • 歩きやすくなって外に出かけたい。
治療の成果
  • 右肩の痛みが軽減し、右手が挙がりやすくなった。
  • 家事(料理・洗濯)がしやすくなった。
  • 家事(料理・洗濯)がしやすくなった。
  • 歩行時に右足先が引っかかりにくくなった。
発症からの期間 1年
ご利用プラン 60日リハビリプログラム

脳梗塞を発症した経緯を教えてください。

脳梗塞リハビリ_お客様インタビュー

【写真未修整】去年の10月19日に自宅で発症しました。朝6時からウォーキングをして、8時くらいに朝食の準備をしていたら右足の力が入らなくなりました。椅子に座っていると症状が治まったので、その日の予定だった眼医者に行きました。すると今度は右手に力が入らなくなってきて、予約の時に名前を書くんですが字が書けませんでした。これは脳梗塞だと思って、その日に救急に行きましたが、CTをとっても脳梗塞かどうかわからなかったんです。それでもこのまま自宅に帰えるのは不安だったので入院をお願いしました。歩いてトイレに行くことはできていたんですが、5日後に食事で箸が持てなくなりました。右手の症状が悪くなってきているなと感じていました。1週間後にMRIで脳梗塞と診断されました。それまで食生活にも気を付けて、毎朝ウォーキングもしていて、健康診断でも血管年齢が若いと言われていたので、すごくショックでした。

回復期病院内でのリハビリはいかがでしたか?

脳梗塞リハビリ_お客様インタビュー

2週間程度救急で入院して、11月5日に回復期病院へ移りました。5か月間入院しました。回復期病院へ移った時は歩きにくさもでていて車椅子を使っていました。右手は固く、浮腫みがでてきていました。手のリハビリは指を伸ばしたり、肩を動かしたりしていただいたんですが、途中で右肩の痛みがでてきてしまったので右手のリハビリがなかなか進まなかったですね。入院生活ではほとんど右手を使えていませんでした。足のリハビリは歩く練習と機械で筋力トレーニングをしていました。杖で歩けるようになりましたが、常に膝が曲がった歩き方になっていて、すごく気になっていました。

自宅復帰されてからどんな困りごとがありましたか?

脳梗塞リハビリ_お客様インタビュー

入院生活と環境が違うので、転びそうになることがありました。恐怖感がありました。右手は退院してからも使えなかったですね。

脳梗塞リハビリBOT静岡のリハビリはいかがですか?

脳梗塞リハビリ_お客様インタビュー

BOTのリハビリは病院のリハビリとは全然違いますね。病院では毎日同じ内容を繰り返すことが多かったんですが、BOTはその日の体の状況に合わせて、今取り組んでいる目標に必要なポイントを毎回探してくれるんですね。それは私にすごく合ってるなと感じました。体幹や姿勢の治療を受けて、本当に右手が良くなるのか最初は半信半疑でした。でも、右手がだんだん上げるようになってきて、右肩の痛みもほとんど感じなくなりました。姿勢が崩れているというのは自分では気づけないんですね。姿勢のリハビリが大事だということがわかりました。

脳梗塞リハビリBOT静岡での治療完了後はいかがですか?

脳梗塞リハビリ_お客様インタビュー

右手で箸を持って食事ができますし、料理や洗濯もしやすくなりました。生活で右手を使うことがだんだん増えてきています。うれしかったです。歩くのは自然と膝が伸びて支える感覚がつかめてきました。姿勢が良くなったので歩き方も少しずつ変わってきていると思います。最近バス旅行にも行くことができました。楽しかったです。

今後の目標を教えて下さい。

脳梗塞リハビリ_お客様インタビュー

良くなってくると、新しい課題もでてきました。右手は指の力がまだまだ弱いので、袋を開けたりすることは苦手なんですね。それでも1つ1つできることが増えてきているのはうれしいです。継続してチャレンジしていきたいです。春先にゴルフを再開するのが目標です。

 

 

脳梗塞の後遺症によるしびれの改善をご希望の方へ

脳梗塞リハビリBOT静岡では脳梗塞の後遺症によるしびれの改善のためのさまざまなメニューを用意しております。90分体験プログラムでその効果を感じて頂くのが最もおすすめの方法ですが、まずは一度相談を、という方には「専門家への電話相談」というサービスをご用意しております。以下フォームから必要事項をご入力頂くと、脳梗塞リハビリBOT専属の理学療法士から折り返しご電話をさせていただいております。ぜひお気軽にご利用下さい。

脳梗塞リハビリBOT静岡専属理学療法士への電話相談はこちら

理学療法士 中市一雄

担当理学療法士 中市 一雄

経歴:2009年に鈴鹿医療科学大学 理学療法学科を卒業し、理学療法士国家資格を取得。同年~2016年まで城北病院(石川県)に勤務し、脳血管障害に対する様々な治療を実践。2016年10月より特定非営利活動法人 上賀茂神経リハビリテーション教育センター(KNERC)にてボバース・アプローチ国際認定インストラクターである小野剛先生の元、約1年半の長期にわたって研修。2018年に脳梗塞リハビリBOT静岡に勤務。

学生の頃から脳血管障害の後遺症である運動麻痺を改善させたいという思いで、様々な技術や知見を学び、そしてボバース・アプローチに出会いました。「運動麻痺ってこんなに良くなるんだ。」「この技術をもっと深く学びたい。」と感じていた時期に小野先生に出会い、1年半という長期にわたって、ボバース・アプローチの魅力や有効性を実感し、知識・技術だけではなくセラピストとしての姿勢を教えていただきました。そして私自身も、退院後も十分なリハビリを受けることができず、運動麻痺の後遺症に悩んでおられる方の力になり、「運動麻痺が改善する。」、「できなかったことが、またできるようになる。」という喜びを一緒に共有したいと考えています。

※インタビューの内容は個人の感想です。

ページの先頭へ